節約

メルカリで高く売ることより、メルカリで売るものを作らない方が大事

投稿日:2018年12月21日 更新日:

家の掃除も兼ねて、不用品をメルカリに出品中し、不用品を売ったお金でベビー用品を買い揃えたりしています。

メルカリ歴はかれこれ2年程度です。

「売るからには高く売りたい!」と思い出品していた時期もあるのですが、不用品を毎日のように出品するようになり、今後は物を買う姿勢をもっと見直そうという反省の思いが強くなってきました。




いくら高く売っても、購入額よりは高くならない

私は転売目的で出品しているわけではないので、自分の使わない不用品で、かつ他人に譲れるような状態のいい物を出品しています。

未使用新品、未使用に近い、といえど、購入額より高く売れることはほとんどないので(購入額と同等で売れることはあるかもしれませんが、出品手数料と送料を除くとその分手元に残るお金は少なくなります)、そもそもその物を最初から買わなかった方が手元に多くのお金が残ります。

商品の状態「目立った傷や汚れなし」、商品の説明「数回程度しか着用しておらず、美品です」と入力するたびに、「なんで買ったんだろう…」という思いが強くなってきます。

購入価格が高ければ高いほど、罪悪感が増してきます。笑

 

メルカリに出品した物の共通点

自分の買い物の仕方を見直すべく、私が今までメルカリで出品してきたものの共通点を考えてみました。

 

イベント物

結婚式で使ったもの、新婚旅行で一時的に使ったもの…これは、一時的な使用を目的としているものなので、メルカリの利用は正解だと思います。

レンタルで借りると自分に気に入った物がなく、かと言って購入しても使用頻度は1、2回しかない! という場合は、次に使ってくれる方がいることで、その物自体を余すことなく活かすことができるので、メルカリのおかげで物を無駄にしない買い物ができます。

 

自分には合わなかった服

パーソナルカラー診断のおかげで、自分に似合わない色や形の服は買うことがなくなりました。

パーソナルカラー・骨格診断を受けたら服選びに時間がかからなくなった!Felice(フェリーチェ)の口コミ

自分に似合う色、服の形がよく分からない方は、パーソナルカラー診断・骨格診断がおすすめです。 私は2015年6月にFelice(フェリーチェ、東京都新宿)様でパーソナルカラー診断・骨格診断を受けました。 ...

続きを見る

私が着なくなってしまう服は、主に素材面やサイズ面での失敗のケースが多いです。

私は肌があまり強いわけではないので、最近では肌着は少し割高になってしまっても綿100%のものしか選ばなくなりました。

以前は評判が良かったり、安かったりすると素材を気にせず買っていました。

サイズ面の失敗は、試着のできない肌着に多いです。見栄をはって小さめのサイズを購入し、着心地が悪く結局着なくなるという悪循環。

たとえどれだけ安いものであっても、ちゃんと吟味したうえで買わないと無駄遣いになるんだなぁ…とメルカリに出品しながら胸を痛めています。

急に必要になり慌てて買った高価な鞄も、購入時の選択肢の中では一番自分の好みに近かったのですが、長く愛用するほど気に入ることができず、メルカリ行きになっています。

「質の良いものを長く」使いたいのに、結局安物買いの銭失いになるのは何故

あなたは「質の良いものを長く使う派」と「安いものを買い替えていく派」のどちらですか? こういう質問を受けたら私は、「質のいいものを長く使う派です! 質の良いものの方が長持ちするし、気に入ったものを使え ...

続きを見る

 

記念に買ったもの

展覧会や美術展に行って購入したもの、旅行の思い出に購入したもの…。

結局のところ、旅行後に見返すことはあまりなく、家が物で溢れていることもあって出品して売っています。

その人の考え方によると思うのですが、本当に手放せない思い出の品は1つか2つ程度しかなくて、それ以外は買ったことも忘れていたような物ばかりだったりします。

お出かけのムードで気分が高められて、購入していました。

思い出は、美術展に入館した際のチケットや、旅行の時に撮った写真で私は十分なのだということに気付きました。

 

スポンサーリンク

 

「使うかも」と思って買ったもの

私の無駄遣いの大部分はこれです。「使うかも」で購入して、結局使わなかったものたち。

「『使うかも』で残しておいても結局使わないため、そういうものは処分しましょう」と断捨離関連の本やブログでよく見かけるのですが、『使うかも』で購入したものも結局使わずに終わります。笑

もしかしたら今後また使う可能性があるかもしれませんが、2年も使わずに眠っていたのであれば、本当に使う時にその時の流行りの物を買えばいいのです。

ここ数か月で、刺繍セット(刺繍を趣味にしようと思って買った、刺繍道具、参考書など一式)や、ステンレスフードジャー(仕事にお弁当を持っていこうと思って、スープ用の保冷・保温ができるジャーも購入)を出品しました。

結局使わずじまいで、新品未使用品の出品です。

部屋は片付き、手元にわずかながらお金も入ってきましたが、過去に払ったお金の方が大きいんですよね…。

自分の手持ちで何とかなる場合はとりあえずは持っているものを使用し(手持ちがない場合は最低限を購入し)、様子を見て買い足して行くのが出費が抑えられると思います。

私のように、まず形から入りたいようなタイプは、まずはその姿勢から見直していく必要がありそうです。

 

まとめ

「来年も同じ服を着たくない」「いろいろな商品を試したい」という方にとっては、使ってすぐに出品できるメルカリはとても便利だと思います。

しかし、もし私のように不用品をなるべく高く売ろうと努力している方がいらっしゃったら……まずは自分の買い物癖から見直してみてください。

不要なものをなるべく買わないような生活に変えた方が、確実に手元に残るお金は高額になります。

そうは言っても、私はどうしても購入希望者に値切られるのが慣れない(好きになれない)のですが……不用品を早く片付け、家を常に綺麗に保った方が、無駄遣いを抑えられるという意見もあり、最近は家の掃除の方に注力しています。

 

2018.12.21

結衣子

ブログランキングに参加しています☆

  • この記事を書いた人

結衣子

1989年生まれ。つわりが原因で仕事を予定外の退職。2019年3月出産予定。お金の使い方などいろいろ見直したこと、考えたことを綴っていきます。

-節約
-

Copyright© ずぼら女、共働きから専業主婦へ , 2019 All Rights Reserved.