資産形成

FPにお金のライフプランを作成してもらった。意外なことに黒字という結果に

投稿日:2019年1月7日 更新日:

共働きから専業主婦になり、家計事情が変わったので、ファイナンシャルプランナーにライフプラン作成含め、家計の見直しを無料で相談しています。

「早く働き始めなくては」と不安な日々を過ごしていたのですが、ファイナンシャルプランナーが作ってくれたライフプランを見てみたところ、意外にも黒字という結果に驚きました。

ライフプランを作ることで、今の不安な状況を可視化できるようになります。

「ライフプランに興味あるけど、どんなもの?」と疑問に思われている方向けに、私のライフプランを紹介します。

一応本記事はシリーズものになっています。

【関連記事】

  1. 共働きから専業主婦になり、家計事情一変!FPの無料個別相談に行ってきた
  2. FPにライフプランを作成してもらいに行ってきた(ヒアリング編)
  3. FPにお金のライフプランを作成してもらった。意外なことに黒字という結果に ★本記事★



 

スポンサーリンク

 

私のライフプランの一部を公開

このような表の形で、現在の年齢から81歳までのマネー事情を図示したものを作成していただきました。

収入も支出も1年の金額です。(最初の1年は数字合わせのために、やや異なる数値が入っています。)

収入はおよその額面の金額です。

金額は、前回のヒアリング結果をもとにしています。

FPにライフプランを作成してもらいに行ってきた(ヒアリング編)

つわりに耐えられず、予想外にも妊娠を機に退職し専業主婦へ。共働きから専業主婦になったことで、支出が抑えられず、毎月の家計はカツカツ。 将来的な金銭面の不安がぬぐえず、漠然とした未来への不安を明確化し少 ...

続きを見る

夫の収入は、今年度のものは正しい金額ですが、翌年以降は適当な予想の金額です。

金融資産残高を見ていくと年に数10万円程度しか増えていないのですが、このまま行けば私が82歳の時も金融資産残高が680万円程度あり、生涯を通して赤字にはならない計算になりました。

(60歳以降は貯金を切り崩していく生活になるので、81歳以上生きた場合や、途中予期せぬ大病になった場合を除く)

ヒアリングが終わった直後は、まさか生活が成り立つとは思ってもいませんでした。

何割かは使途不明金が出ることも計算に入れていただいて、この結果になりました。

手取りが年に500万円程度あって、貯金は年に20万円(貯蓄割合4%笑)、となると将来の先行きが心配になりそうですが、まさかこの結果になるとは予想していませんでした。

 

家計見直しの必要なし?

ファイナンシャルプランナーの方への相談に、家計の見直しもお願いしていたのですが、現状通りであれば無理に極度に削減する必要もないと言われました。汗

ちなみに、私の12月の家計簿はこちらです。

2018年12月家計簿見直し

夫婦2人暮らし・専業主婦(妊娠中)の12月(11月20日~12月19日)の家計簿を公開です。 誰かの参考になる可能性の低い、赤字家計簿です。あくまで個人的な見直しを目的にし、本記事を記載しています。 ...

続きを見る

あえて言うのであれば、食費はもう少し削減できるだろうとのことでした。

また、賃貸ではなく家を購入することで抑えられる出費もあると言われましたが、全体としてこの程度の生活費であれば許容範囲とのことでした。

 

しかし、ライフプランはあくまで「計画」でしかない

今回、家計簿が黒字になったことについて、ファイナンシャルプランナーの方は以下の2つの理由を言われていました。

  • 夫の収入がそこそこある
  • 妻(私)が40歳~60歳の20年間扶養内パート(100万円/年)で働くことにより、2000万円の余裕が生まれる

私は働けば働くほど、家計にとってプラスになるそうです。(当たり前のことですが)

ただ、素直に喜べないのは、ライフプランはあくまで計画でしかない、ということ。

なるべく詳細に支出を記載したつもりではいますが、実際はもっと使っているような気がします。

共働きの時にファイナンシャルプランナーに有料相談した時も、「この記録が正しいとすると、少なくとも年間で200万円は貯金できているはずだ」と言われました。(実際の貯金額は100万円にも満たない)

きっと把握できていない支出がもっと多いのだと思います。

ライフプランを作成していただいたので、今後は毎年プランと実際を見合わせ、大きなずれが発生していないか確認していきたいと思います。

後日談あり。詳細は記事の最後をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

まとめ:ライフプランを作成して、将来の漠然とした不安を可視化する

生涯を通してお金のライフプランを作成していただくことで、漠然とした不安を可視化することができます。

私の場合、楽観は決してできませんが、それほど悲観しなくても何とかなるのかな…と少しだけ気持ちが楽になりました。

計画通りに進めるのは決して楽ではありませんが、計画から大きく逸脱しなければ、なんとか子ども2人を育てることができるということが分かりました。

ライフプランの作成は、ファイナンシャルプランナーの方によっては有料だったりします。

私はスクロール様主催のマネーセミナーに参加し、無料で作成していただきました。

マネーセミナーに参加した時のことも記事にまとめていますので、よろしければご覧ください↓

共働きから専業主婦になり、家計事情一変!スクロールマネーセミナーに行ってきた

ずっと働き続ける予定でいましたが、妊娠を機に急遽共働きから専業主婦に。 共働きだった頃に有料でファイナンシャルプランナーに相談したことがあったのですが、状況が変わってしまったのでマネープランについて考 ...

続きを見る

⇒ スクロール・マネーセミナー公式ホームページを見る

 

後日談:機械的に作られたライフプランは意味なし!?

ライフプランを作っていただき安心したのもつかの間の出来事でした。

日にちが経てば経つほど、ライフプランの内容が信じられなくなってきました。笑

毎月クレジットカードの引き落とし額が大丈夫か心配する日々なのに、本当に老後まで大丈夫なのか?

すると、ライフプランは作成をお願いするファイナンシャルプランナーによって違いがあることが判明しました。

続きは以下の記事でご覧ください。

ライフプラン作成の落とし穴。マネープラン作成方法によっては要注意

出産に伴い、初めてファイナンシャルプランナーにお金のライフプランを作成していただきました。 赤字家計かと思いきや、意外にも今のお金の遣い方のままでも老後まで黒字という結果に。 「いやー、よかったよかっ ...

続きを見る

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

2019.1.7

結衣子

ブログランキングに参加しています☆

  • この記事を書いた人

結衣子

1989年生まれ。つわりが原因で仕事を予定外の退職。2019年3月出産予定。お金の使い方などいろいろ見直したこと、考えたことを綴っていきます。

-資産形成
-,

Copyright© ずぼら女、共働きから専業主婦へ , 2019 All Rights Reserved.