家計簿

ふるさと納税1年目。初めてのふるさと納税は全体的に失敗

投稿日:2019年1月1日 更新日:

もう今年度はいいかな…とも思ったのですが、2018年度ふるさと納税は12月31日最終日に駆け込みで納税しました。

ふるさと納税は去年から行っていますが、ふるさと納税って本当にお得なの? という疑念がぬぐえず、そこまで積極的には行っていません。

初めてのふるさと納税は全体的に失敗で終わりました。




スポンサーリンク

 

ふるさと納税って本当にお得なの?

ふるさと納税の説明を見ると、

ふるさと納税では控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。

引用元:ふるさと納税とは|ふるさと納税[ふるさとチョイス](https://www.furusato-tax.jp/about)

と書かれています。

実質の支払額は2,000円のみで、それ以上の金額の返礼品がもらえたら確かにお得ですが、ふるさと納税は私の中では以下の認識です。

42,000円という控除額は、ふるさと納税をやめない限り恩恵を受けることができない…。

そして大抵の場合、ふるさと納税の金額は毎年少しずつ上がっていく方が多いのではないでしょうか。

ふるさと納税で一番大切にしたい思いとしては「ふるさとを思う気持ち」だと思うので、ふるさとに貢献できるというのが第一で、返礼品はおまけ程度だとは思うのですが…。

ただのお得感目的の場合、豪華なだけで結局のところ生活するのに不要な返礼品(ふるさと納税を行っていなかったら、ほしいとも思っていなかった物)をもらっているようでは、あまり意味がないような気がします。(注意)あくまで、”お得感目的の場合のみ”の場合です。

 

生活必需品がメインだった2018年のふるさと納税

そういった考えから、昨年度(2018年)のふるさと納税は生活必需品が中心でした。

(純粋な寄付目的の気持ちで行えたらいいのですが、現状我が家ではお得感目的のみです…)

具体的には、

  • トイレットペーパー
  • ティッシュ箱
  • 洗剤(ジェルボール)

また、必需品ではないものの、生活するうえで欲しいものと思ったもの

  • 入浴剤
  • 木製のティッシュ箱
  • 観葉植物

を頼みました。

 

スポンサーリンク

 

一番失敗だったもの

この中で一番失敗だったものは

  • 観葉植物

です。

「プロがおすすめの観葉植物を選んでくれる」という謳い文句だったのですが、耐寒温度が15度などで寒さに弱い観葉植物だったため、春頃届き、その年の冬にはすぐに枯れてしまったのでした…。

我が家に残ったのは枯れた木と土のみで、特に土の処分にはとても困っています。

ゴミの日には出せないので、どこかの業者に持ち込まなくてはならないのですが、処分してくれる業者を探すのも手間で、植木に入ったまま土が眠っています…。

返礼品の観葉植物はいろいろあるのでちゃんと調べてから行えばよかったのかもしれませんが、いくら欲しいものとは言え、現物を見て選んだ方がいいものもあります

観葉植物は、育てやすさなどを調べたうえで、自分で気に入ったものを購入すればよかった、と後悔しました。

 

そこそこ失敗だったもの

特に悪くはなかったのですが、次回以降はもらうのはやめよう、と思ったのが以下の返礼品です。

  • トイレットペーパー
  • ティッシュ箱
  • 木製のティッシュ箱

まず、トイレットペーパーとティッシュ箱はいずれ使用するもののため生活上は大助かりなのですが、在庫を置くのに家のスペースを取り過ぎました。

そして、夫婦2人暮らしでは、1年間で使いきれない量でした…。

部屋のひと隅がトイレットペーパーとボックスティッシュに占領されていて、少し生活しづらいです。

木製のティッシュ箱はふるさと納税のサイトを見て欲しいと思ったのですが、結局使わずじまいで、もらわなくてもよかったものでした…。

 

選んで良かったもの

ずばり、

  • 洗剤(ジェルボール)
  • 入浴剤

です。

洗剤は「アリエール リビングドライジェルボール3D」の本体と詰め替えのセットだったのですが、ちょうど1年で使い終われる程度の量で、トイレットペーパーやボックスティッシュに比べると在庫の保管に場所もあまり取られませんでした。

テレビCMで見ていて憧れていたジェルボール3D。毎回毎回洗剤の量を測る必要がないので、楽でした。

ただ、トイレットペーパーほど保管に場所を取らないと言えど、それでもやっぱり場所は取るので、2018年度の返礼品として再度選ぶのはやめました。笑

リピートしたいと思ったのは、入浴剤です。ちなみにこちらです(岐阜県各務原市の返礼品)。


【ふるさと納税】金の薬草湯・日本の薬草湯セット〜贅沢な湯あみを愉しみたい方へ〜

こちらの返礼品で薬草湯というのを家のお風呂で初めて経験したのですが、今まで使用した入浴剤の中で断トツによかったです。

お風呂から出たあと、バスタオルが全然濡れないんです。

肌が水を吸収しているのが感じられて、肌の潤いは入浴前より増し、入浴後の保湿ボディクリームはなくてもいいくらいです。

2018年度のふるさと納税は、2017年度に失敗だと思ったことを活かして選びました。

2018年度ふるさと納税の振り返りはこちら↓

2018年度ふるさと納税の振り返り。納税は計画的に

2018年度のふるさと納税は、12月31日に駆け込み納税しました。 昨年の反省点を活かしたつもりでしたが、更なる反省点もあり…。2018年度のふるさと納税について振り返ります。 2017年度のふるさと ...

続きを見る

 

2018.12.31

結衣子

ブログランキングに参加しています☆

  • この記事を書いた人

結衣子

1989年生まれ。つわりが原因で仕事を予定外の退職。2019年3月出産予定。お金の使い方などいろいろ見直したこと、考えたことを綴っていきます。

-家計簿
-

Copyright© ずぼら女、共働きから専業主婦へ , 2019 All Rights Reserved.