節約

健康保険組合のHPを確認する大切さ。健康診断も予防接種も補助対象だった

投稿日:2019年1月16日 更新日:

民間の保険加入を検討する前に、国税庁のHP、健康保険(社会保険)のHP、会社の団体保険の内容を確認すべき

という意見を聞き、ひとまず国税庁のHPと夫の会社の健康保険のHPを確認してみました。

国税庁のHPについては現時点で特に調べたい内容もなく(保険加入に伴いどこのページを確認したらよいのかも分からず)、「子どものための税金の学習ページがあるから、ある程度の年齢になったら読ませよう」程度にしか思いませんでした。笑

ただ、夫の会社の健康保険のHPについては、知っておいた方がお得な情報がいくつかありました。

加入している健康保険組合によって補助の範囲が異なりますが、我が家の場合、以下のような補助がありました。




スポンサーリンク

 

出産育児一時金付加金の支給対象だった

「出産育児一時金」はどの保険に加入していても支給される法的給付なのですが、夫の加入している保険組合の場合、「出産育児一時金付加金」も一時金の他に支給してもらえることが分かりました。

付加金については、一部の健康保険組合でのみ実施されているようです。

夫の加入している保険組合の場合、後日10万円が振り込まれるとのこと。

特に特別な申請をしなくても付加金は夫の給料口座に振り込まれるようなので(※正しくは調査中)、知らない場合ももらえていたお金ですが、出産費用について日々心配していたので、少し安心できました。

帝王切開時の備えで、自然分娩時も入院給付金がもらえるABCおかあさん保険に加入しているのですが、付加金がもらえるのを事前に知っていれば、不要だったかもしれません。

月々1500円程度の少額掛け捨て保険で、自然分娩の入院も入院日数(30日まで)×5000円もらえるので、どう考え方次第なのですが。

自然分娩の入院も保障してもらうには、加入時期に注意する必要があります。

私の加入している「ABCおかあさん保険」は2019年1月現在では新規販売が終了しており、保険料や保障内容が少し異なる「新ABCおかあさん保険Ⅱ」が販売しているようです。

 

健康診断・人間ドッグ

専業主婦(扶養者)も病院での定期健診が受けられる健康保険組合もあるようですが、夫の健康保険組合は郵便での健康診断のみ。

家にキットが届き、自分で採血し、送り返すと結果が郵送されてくる仕組みです。子宮頸がんの診断も自宅でできるようですが、いくら補助してもらえるからといって、自分で採取しなくてはならないのは気が引けます…。

過去に「銀座血液検査ラボ」というところで、検査キットを使った生活習慣病検査を受けたことがあるのですが、キットを使って自分で自分の指に針を刺さなくてはいけなくて、私には向いていませんでした。

検査キットを使っている分、安く受けることができるのですが、医療機関で採血を受ける時よりも個人的に恐かったですし、検査キットの針を刺した時の痛みも注射針より痛く感じました。

慣れかもしれませんが、郵便健康診断は悩ましいところです。

対象年齢が限られますが、人間ドッグも補助対象でした。人間ドッグについては有難い限りです。

(そうは言っても、対象年齢になるまでに社会復帰していたいものです。)

 

インフルエンザの予防接種

先月インフルエンザの予防接種を受けたのですが、自己負担1000円で受けられたようです。

医療機関でもらえる領収書のコピーを健康保険組合に送れば、自己負担1000円を除いた金額が戻ってきたのですが、医療費控除の対象にならないインフルエンザの予防接種の領収書は既に処分済み…。

今後は子どももインフルエンザの予防接種を受ける可能性があるので、ホームページを読んでおいてよかったです。

 

まとめ

加入している健康保険組合によって異なるので、ぜひホームページを確認してみてください。

申請していたら補助してもらえるにも関わらず、知らなかったがために自費払いしているものも多いかもしれませんよ。

 

参考リンク(外部)

 

2019.1.16

結衣子

ブログランキングに参加しています☆

  • この記事を書いた人

結衣子

1989年生まれ。つわりが原因で仕事を予定外の退職。2019年3月出産予定。お金の使い方などいろいろ見直したこと、考えたことを綴っていきます。

-節約
-

Copyright© ずぼら女、共働きから専業主婦へ , 2019 All Rights Reserved.