日常生活

ネコポスは補償なし!?注文した本が紛失した体験談

投稿日:2019年1月20日 更新日:

5年以上利用しているインターネット書店で購入した本が、人生初めての配送トラブルで手元に届きませんでした…。

配送手段はネコポス。

ネコポスなら安心だと思っていましたが、クロネコヤマトに補償してもらえる場合と、もらえない場合があるようです。

我が家の場合、補償してもらえないタイプの配送トラブルで、本を再購入しなければなりません…。




スポンサーリンク

 

 

らくらくメルカリ便の「ネコポス」はメルカリが補償

らくらくメルカリ便のネコポスに慣れていたため、

  • ネコポス = 配送トラブル時は商品代金を全額補償してもらえるもの

勘違いをしていました

らくらくメルカリ便の配送補償は、クロネコヤマトのものではなく、メルカリが行っているものです。

配送時のトラブルにより商品紛失・破損等が発生した際には、メルカリが商品代金/販売利益を全額補償いたします。

引用元:【公式ホームページ】らくらくメルカリ便「万が一の時も!あんしん配送補償」

クロネコヤマトにも補償はありますが、メルカリが行ってくれる補償とは少し異なります。

 

我が家で実際に起こったネコポスの配送事故

クロネコヤマトの補償内容に入る前に、我が家で実際に起こったネコポスの配送事故についてお伝えします。

定期的に利用しているインターネットの書店から本を3冊購入しました。そのうち、2冊は1つにまとめられ、荷物の個数は2つ(2冊・1冊)でした。

毎日朝・夕に2度、鍵付きの郵便ポストを確認していましたが、本は届きませんでした。

インターネット上で配送状況を確認したところ、数日前に「配達完了」となっていたため、クロネコヤマトのサービスセンターに問い合わせの電話をしました。

朝一にサービスセンターに連絡をし、担当者から折り返しの電話がかかってきたのは夕方頃でした。

回答は「ポストに投函しています」とのこと。

ポストに投函したことは事実でも、同じマンションの違う部屋番号に投函したのでは? と我が家では疑っています。

実は、数か月前にも配送事故があったんです。

 

余談:数か月前に経験した宅配の配送事故

数か月前は、荷物の受け取り側ではなく、我が家に全く関係ないものがポストに投函されていた側です。

宅配の不在通知表が我が家のポストに入っていました。

我が家のマンションには宅配ボックスが設置されています。宅配ボックスに荷物を預ける際は、宅配員が毎回暗証番号を設定し、設定した暗証番号を不在通知表記載し、受取人のポストに投函します。荷物を受け取る際は、部屋番号と不在通知表に書かれた暗証番号が必要です。

直近で宅配が届く予定はなく、かつ宅配ボックスを見ても我が家の部屋番号宛の荷物はありません。

しかし、不在通知表の宛先には我が家の部屋番号と苗字が書いてあります。

クロネコヤマトの営業所に問い合わせをしたところ、「不在通知表の宛名の書き間違え」かつ「ポスト投函の誤り」で、他の部屋番号宛の不在通知でした。

我が家が問い合わせを行っていなかったら、荷物の受け取り側の方は、荷物が届いていることが分からず、仮に宅配ボックスを見て荷物に気付いたとしても、暗証番号が分からないため荷物を受け取ることができていなかったのです。

 

スポンサーリンク

 

ネコポスの補償は「ポスト投函」まで

クロネコヤマトの公式ホームページには、ネコポスの利用上の注意として以下のように書かれています。

荷物の紛失・破損に対する引受限度額は3,000円(税込)となります。

引用元:ネコポス|ヤマト運輸

これを読む限りだと「届いていないのだから補償してもらえるのではないの?」と私は思ってしまったのですが、営業所の方曰くネコポスはポスト投函までしか補償しないとのことでした。

システム上「配達完了」になっていてポスト投函まで完了しているので、補償はできません

と言われました…。

 

以下は電話でのやり取りです。(実際の言い方は少し異なったと思いますが、内容としては以下の通りです。)

ちゃんと我が家の部屋番号に投函しましたか?

クロネコヤマト:よく覚えていませんが、ポストへの投函はしました。

他の部屋番号に誤って投函していないか調べてくれませんか?

クロネコヤマト:できません。

 

荷物の紛失・破損の補償はポスト投函までのようなので、以下の場合は本当に届いていなくても補償が受けられません。

  • 誤った住所に届けられた(配達員は気付いていない)
  • 荷物を実際には投函していないが、システム上「配達完了」にした

2つ目は考えたくありませんが、悪意ある配達員にあたってしまった場合です。

 

ネコポス発送の荷物紛失・まとめ

現在は、本発送元のインターネット書店に補償してもらえないか問合せ中の状況です。

ただ、クロネコヤマトの配送状況が「配達完了」になっているため、発送元に補償してもらうのはなかなか厳しいような予感がしています…。

本の代金としては3000円ちょっとですが、届かなかったショックはなかなか大きいです。

近くの書店にある本は、今後は直接購入しようかな…と思った出来事でした。

 

ポストに宛名違いのものが投函されていれば、そっと正しい部屋番号に投函してくれていてもいいのでは…と内心思いますが、誤って投函された側の良心を期待するのは求めすぎでしょうか?

そもそも、誤った部屋番号に投函されたというのは我が家の予想でしかないのですが…。

 

また同じような配送トラブルが発生したら堪らないので、クロネコヤマトの問い合わせ窓口 に名前を名乗ったうえで改善要望の意見を送りました。(匿名でも要望を送ることができるようです)

配送トラブルとは今まで無縁だったにも関わらず、数か月前からカウントして今回2回目です。

同じ事態が発生しないよう、祈るばかりです。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

2019.1.20

結衣子

ブログランキングに参加しています☆

  • この記事を書いた人

結衣子

1989年生まれ。つわりが原因で仕事を予定外の退職。2019年3月出産予定。お金の使い方などいろいろ見直したこと、考えたことを綴っていきます。

-日常生活
-

Copyright© ずぼら女、共働きから専業主婦へ , 2019 All Rights Reserved.