資産形成

20代後半夫婦の貯金額平均はどのくらい? 調べてみた

投稿日:2019年1月6日 更新日:

今年29歳になる夫と私。現在の貯金額は100万円弱(その他、奨学金・車のローン有)で、平均よりも貯金額が少ないことは自覚しています。

平均より貯金額が上回っているからと言って安心できるものではありませんし、あくまで目安の金額でしかないのですが、なんとなく気になる隣人の懐事情。

いくら仲がいいからと言って、友人には貯金額なんて聞けません。

私たちの年代の夫婦の平均貯金額はどのくらいなのか、調べてみました。参照先データはなるべく信ぴょう性の高そうなところを選んでいます。

共働き家庭、専業主婦家庭、特に分けて調べていません。

そもそも我が家も、数か月前までは共働き家庭。

稼いでいるからと言ってしっかり貯金ができているとは限りませんし、収入額と貯金額は必ずしも比例しない気がします。




スポンサーリンク

 

 

ファイナンシャルプランナーの回答

現在、ファイナンシャルプランナーに我が家の懐事情について相談しています。

その方の感覚としては、20代後半夫婦の貯金額としては「500万円弱が多い」とのことでした。

 

じぶん銀行公開「みんなのマネー事情」データ

「じぶん銀行」のアプリを入れていると、「みんなのマネー事情」という機能があり、年齢・年収ごとの平均的な資産内訳を調べることができます。

以下の条件を入力し、平均的な資産内訳を調べてみました。

  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 地域:関東
  • 職業:正社員
  • 個人年収:500万円~1,000万円未満
  • ライフステージ:既婚(独立前子供有)
  • 居住形態:賃貸・住宅・その他

夫の情報で条件を設定しています。子どもはまだ生まれていませんが、子ども有の設定です。

年収が500万円であるのと、1,000万円であるのとではかなり違うと思うのですが、結果は以下の通りでした。

資産合計450万円

ファイナンシャルプランナーの言われていた金額と近いです。

ただ、こちらのデータは20代の平均になるので、年代を30代に変え、その他の条件は先ほどと同じでもう一度調べてみました。

ほぼ倍の金額になりました、822万円。

ひとまず、39歳までに貯金額822万円を目指そうと思います。汗

条件設定上、収入ゼロ(専業主婦)は選べないので、私の条件での算出は無理でした。

こちらの機能は、じぶん銀行のアプリをインストールされている方限定の機能のようです。

 

厚生労働省・国民生活基礎調査データ

平成29年の調査の概要には貯蓄額の記載がなかったので、平成28年の資料より引っ張ってきました。

住む場所、年収など特に関係のないデータです。

引用元:厚生労働省「平成28年 国民生活基礎調査の概況」>「II 各種世帯の所得等の状況」>「5 貯蓄、借入金の状況」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/03.pdf

年収を考えないデータを用いると少し我が家に近づきましたが、それでも29歳以下でも平均貯蓄額154.8万円借入金額263.4万円という結果でした。

 

まとめ

平均よりはるかに下だと思っていましたが、やはり下でした。

今まで家計簿すらまともにつけていない状況だったため、これから巻き返しを図りたいと思います。

 

 

2019.1.6

結衣子

ブログランキングに参加しています☆

  • この記事を書いた人

結衣子

1989年生まれ。つわりが原因で仕事を予定外の退職。2019年3月出産予定。お金の使い方などいろいろ見直したこと、考えたことを綴っていきます。

-資産形成
-

Copyright© ずぼら女、共働きから専業主婦へ , 2019 All Rights Reserved.