写真撮影 妊娠中

写真あり*4Dエコー比較(24週・27週)顔が少し変わった!

投稿日:2019年1月1日 更新日:

妊娠24週で一度4Dエコーを受診したのですが、「27週または28週に来ると、生まれた時の顔とほぼ同じ顔が見られる」と先生から聞き、27週の時に再受診してきました。

【24週の時に書いた4Dエコーの記事】

24週の時点でそれなりに赤ちゃんらしい顔をしていたので、3週間後の27週に行っても、24週の時とあまり大差ないのではないかな? と思っていたのですが、顔立ちが少し変わっていて驚きました。




スポンサーリンク

 

違い① 鼻の形が綺麗になった

24週の時の4Dエコーは、まるっとした鼻が特徴で、鼻も大きめでした。

夫の見た目を彷彿とさせる感じだったので、夫似なんだなーと思っていました。1人目は夫に似るといいますしね。

しかし、3週間後の27週に再度4Dエコーを行ったところ、鼻が小さく、かつ少し綺麗な形になっていました!

比較画像がこちらです。

鼻が全く違うように見えますが、同じ赤ちゃんのエコーなんです。

見る角度によっては24週目の面影がありました。たとえば、こちらの写真(下の写真は27週の時のものです)。

ちょっと分かりにくいですが…正面を向いています。

1回目の4Dエコー後、予想以上に大きな鼻が少し心配でインターネット検索をしてしまったのですが、「4Dエコーを行ったら赤ちゃんの鼻が大きく、生まれるまで心配していたが、実際に生まれてきた我が子は普通サイズの鼻でした」というコメントがありました。

27週よりも早く4Dエコーを行うと、生まれる時よりも鼻は少し大きく映りがちなのかもしれません。

3週間後という短い期間だったので、27週目に再度行っても24週とあまり変わりないかな? と思っていたのですが、27週目にも再度4Dエコーを行ったことで少し安心しました。

もうイケメンは期待できないな…と思っていたのですが、生まれるまでまだ儚い夢を抱いていけそうです。笑

 

スポンサーリンク

違い② 赤ちゃんが大きくなり、子宮内は少し窮屈そうだった

24週目の時は、比較的簡単に赤ちゃんの顔が見られました。

下の画像のように、あくびをしているシーンが見られたり、足を顔の近くまで上げていたり。(下の画像は24週目の時のものです)

27週目の時は、へその緒と赤ちゃんの手が顔を覆っていて、赤ちゃんの顔を見るのに少し苦労しました。

赤ちゃんが顔を隠している…というより、子宮内にあまりスペースがなさそうでした。

素人の私が見た限りですが、「顔の前にスペースがあるのだから、手を置きたいよ」という気持ちがなんとなく分かりました。笑

もっと赤ちゃんが大きくなると、顔を見るのがもっと大変になるのだろうな…と思いました。

 

4Dエコーは2回行くのがおすすめ

余裕があるのであれば、4Dエコーは2回行くのがおすすめです。(私は金銭的余裕がないにも関わらず、思い出作りに2度行ってしまいました)

私が行った病院では、20~22週の間に一回目の検査、26~28週頃の間に2回目の検査をおすすめしています。

赤ちゃんの成長が感じられやすいからだそうです。

私は24週目で一回行き、実際に赤ちゃんの動く姿を見て感動でき、二回目の27週では先生曰く「生まれた時の顔とほぼ同じ顔」が見られ、生まれるのが今まで以上に楽しみになりました。

「27週の4Dエコーと、生まれて3、4日経った写真を比べてみてほしい」と先生が言われていたので、無事生まれてきたら4Dエコーとほぼ同じだったかどうかの比較記事もアップしようと思います。

 

2018.1.1

結衣子

ブログランキングに参加しています☆

-写真撮影, 妊娠中
-

Copyright© 結衣子の初心者ママカメラ , 2019 All Rights Reserved.