家計簿 節約

2018年11月家計簿見直し・節約の第一歩は不明支出をなくすこと

投稿日:2018年12月16日 更新日:

夫婦2人暮らし・専業主婦(妊娠中)の11月(10月20日~11月19日)の家計簿を公開です。

誰かの参考になる可能性の低い、赤字家計簿です。あくまで個人的な見直しを目的にし、本記事を記載しています。

数か月前にファイナンシャルプランナーに相談した時は、「不明な支出をなくし、まずは全ての支出を把握することが大切だ」とアドバイスを頂きました。

【20代後半】奨学金返済と貯金どっちが先? FPに聞いてみた

「奨学金の返済があるから、仕事は辞めるに辞められないよ」という女性は多いのではないでしょうか? 私もその中の一人でしたが、「働き続けていく」という私の思いに反し、現在は退職し専業主婦を行っています。 ...

続きを見る

11月の家計簿は、記入漏れがないことを第一にして記録していたのですが…総支出額を見てびっくり! 今後の生活を考えると、自転車操業すらできないような高額な支出額に手が震えました。

スポンサーリンク

 

2018年11月家計簿

11月の支出金額はこちら。

円グラフにしたものがこちらです。

支出額の合計金額が42万円!

この時は私がまだパートとして働いていて、月約10万円の手取り収入がありました。夫の手取り収入が約30万円なので、貯金のできないギリギリラインの支出額でした。

今後は私のパート収入はないので、この支出を続けていくと毎月10万円程足りません…。

それぞれ項目別に振り返っていきます。

 

食費

合計94,000円ですが、内訳別に円グラフにすると以下の通りでした。

「外食を減らそう」というレベルではなく(もちろん外食も減らさなければならないのですが)、食料品に使っているお金の時点で高すぎます。

食料品の履歴を見返してみたのですが、とりわけ大きな買い物はしてないんですよね…。

ちょっとずつ毎日買っていて、塵が積もってこのような金額になっています。また、買い物に行く度にお菓子を買ったりなど、買う予定になかったものもプラスアルファで買っていることも原因の一つだと考えられます。

本当は週に1回の買い出し、など日にちを決めて行いたいのですが、1週間の献立を考えたうえで買い出しを行うということができない私。

まずは週に最低2日はお金を遣わない日を作るところから始めようと思います。

 

日用雑貨

項目の入力誤りで家具の購入費も含まれていたため、見直したところ実際の日用雑貨費は9,860円でした。

一応月々の予算(日用雑貨)を7,000円で考えているので少しオーバーしているのですが、許容範囲のオーバー金額でした。

 

交通費

パート勤務で使った交通費も含んでいるのでやや高めですが、17,000円程はパート通勤で使用したもののため問題のない範囲内です。

 

エンタメ

ほとんどの出費が電子書籍でした。そして電子書籍の中でも、私が買った漫画が大半を占めています。

LINE漫画で無料の漫画を読む ⇒ 続きが気になり、電子書籍(honto)で購入する、という悪循環に陥っていたため、現在はLINE漫画を封印しています…。

時間があると、“読んだことのない面白い漫画探し”をしてしまっていたのですが、それが浪費の原因になっていました。

しかも、電子書籍は簡単に購入できてしまうので、後から考えると「なんでこんなに続きが読みたかったんだろう?」と疑問に思うような漫画も購入している場合が多いんですよね…。

今は新しい漫画探しは辞め、既に購入済みの漫画で続きが気になる漫画のみを購入対象にしています。

 

クルマ

月々の予算が16,000円のため、予算の範囲内でした。内訳としては、駐車場代6,000円、ガソリン代約10,000円でした。

 

大型出費

赤ちゃん用品などの出費は、「大型出費ー出産」に分類しています。

11月に買ったものとしては、ベビー布団、肌着セット、ベビー体温計、シーツ、マタニティパジャマ、マタニティ下着などです。

出費を見込んで前もって出産用品用に目的別貯金をできていたらよかったのですが、そのような計画性もなく…。

お金の準備は計画的にできませんでしたが、赤ちゃん用品については買うものは調べぬいた上で購入しています。メルカリで不用品を売り、売ったお金で中古のベビー服を買うなどして、ベビー服は集めました。

 

投資

今回の出費については、投資という名の無駄遣いです…。笑

ハンドメイド品を作って売れないかな、と考えており、道具の購入費やレッスン費に使用した額がこちらの額になります。

今私にできることは、途中で飽きたりせず、少しでもいいのでこの投資を収益に結び付けることですかね…。

パートを辞めたこともあり、この投資費は今月は絞っています。

 

まとめ

大型出費・投資額を除外して考えるとしても、生活費の合計金額が34万円と高額です。こんなにも消費している自覚はなかったので、正直なところ驚いています。

(収入額はもちろん知っているので、貯金ができていないということは収入額=消費額になっている、と簡単なことではあるのですが)

貯金のことも考えると、あと10万円は月々の出費を抑えたいところです。

私は家計簿の開始日を20日に設定しているため、12月も残りわずかですが、徐々に出費額を予算に近づけていこうと思います。

共働きから専業主婦になり、金銭事情も大きく変わったので、家計についてファイナンシャルプランナーに相談中です。

共働きから専業主婦になり、家計事情一変!スクロールマネーセミナーに行ってきた

ずっと働き続ける予定でいましたが、妊娠を機に急遽共働きから専業主婦に。 共働きだった頃に有料でファイナンシャルプランナーに相談したことがあったのですが、状況が変わってしまったのでマネープランについて考 ...

続きを見る

 

関連記事

共働きから専業主婦へ。借金540万円からのリスタート

はじめまして、結衣子と申します。 結婚3年目にして待ちに待った子宝にようやく恵まれたものの、理解の少ない職場でつわりが辛いなか働き続けることができず、2018年8月に退職し現在に至ります。 産休・育休 ...

続きを見る

ブログランキングに参加しています☆

  • この記事を書いた人

結衣子

1989年生まれ。つわりが原因で仕事を予定外の退職。2019年3月出産予定。お金の使い方などいろいろ見直したこと、考えたことを綴っていきます。

-家計簿, 節約
-

Copyright© ずぼら女、共働きから専業主婦へ , 2019 All Rights Reserved.